« 【講演決定】『すべての経済はバブルに通じる』小幡績教授 | トップページ | Love Cafaire »

2009年1月31日 (土)

慶応・理工系大の「無意識下の就活」(『就活のバカヤロー』)

こんにちはpig

ここ数日は夜あんまり寝れなくて、頭が働いてないですwobbly昨日あったボケボケ話ですchick

バイト後レポート書くためにTULLY'Sに入ってコーヒーを買いましたcafeが、買ってから席うまってることに気付くcoldsweats02

しかたなく大学に行くことに・・・その移動中の電車でふと気づきました。

TULLY'Sに傘を忘れてきたーーーー!!sprinkle外は1日雨やのに・・・rainTULLY'Sの店員さんもびっくりしはったと思いますshock

catcatcat

今日は『就活のバカヤロー』を紹介しますwink

11月に販売されてからすぐ買ったのですが、この本は売れるだろうなーって思いましたtulip実際に、1月現在で7刷決定・累計9万部発行されているそうです。

だって、2010年就活生だけで全国に51万人です。企業の採用担当者、就活を終えた若手社会人、その両親・・・ターゲット層は数百万人以上になる計算です。光文社新書、さすがですcancer

この本のなかでなるほどなーって思ったのが、

慶応・理工系大の「無意識化の就活」です。

「慶応生、理工系大学生はゼミを通して社会人のOBOGや大学外の学生と交流する機会があるため、その中でコミュニケーション能力が伸びていく」という内容です。

わたし自身、もし今大学1,2年生に学生生活の過ごし方としてアドバイスする機会があれば、やっぱり「社会人や他大の学生となるべく多く交流すること」を勧めると思います。

高校でのスイス留学中に社会人の方と政治・経済・文化などさまざまな話をできたことでは留学して1番よかったことのひとつですaries中国語勉強会、上海でのインターン、CafaireやCVSの活動などなどを通して出会った社会人の方々からめちゃくちゃ大きな影響を受けましたimpactたぶん、こんな風に誰でも社会人の先輩から影響をうけた経験を持ってるんじゃないかなって思いますhappy01

なので・・・

7日の講演会でも、たくさん社会人の方と交流してくださいheart04現在予約者の社会人と学生の割合は50:50ですup

就活のバカヤロー (光文社新書)

買ったきっかけ:
就活のバカヤローって気持ちだったので。

感想:
日本の新卒採用システムっておかしいよね、って意見にまったく同感。就職サイトの裏話、採用担当者の裏話、がわかっておもしろいです。

おすすめポイント:
どんなにシステムに疑問を感じても、就活はしなくちゃいけない。就活をするうえで、実際に企業や弟3者の立場から複合的に見る視点は落ち着いて就活するためにもあったらいいと思います。

就活のバカヤロー (光文社新書)

著者:大沢仁,石渡嶺司

就活のバカヤロー (光文社新書)

|
|

« 【講演決定】『すべての経済はバブルに通じる』小幡績教授 | トップページ | Love Cafaire »

就活関係」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

AIESECで、ポートランドに未だかつてない、アメリカ人の為の日本企業のインターンを作るプロデュースするプロジェクトをまかされたよ!

これをやるためにアメリカに来たのかもしれない!全力でがんばるよ^-^

投稿: monaka | 2009年1月31日 (土) 19時44分

>買ったきっかけ:
>就活のバカヤローって気持ちだったので。
ごめん、笑ったw

投稿: 西野さお | 2009年2月 1日 (日) 00時05分

土曜日、いい経験したいと思います^^

投稿: じn | 2009年2月 1日 (日) 01時47分

もな
おおー!!!!
すっごくおもしろそう!shineshineshineshine
いい経験してるね〜!!!!
プロジェクトの成功話、きくの楽しみにしてるねlovelyshine
もなかがんばれ〜shineshineshine

ポートランドをポーランドとよみまちがえたゆかより(笑)


にしの
うふhappy01heart01

29、30、31…って毎日にしのにメールしようとしてるのに、未だ送れてない!sweat02sweat02sweat02ごめんちゃいweepweepweep


じんくん
ありがとう〜happy01shine

じんくんからのメール読んで、そういう風に感じるものなのかなーって思って書いてみたんだsunsun

刺激の多い1日になればいいなnotenotenote

投稿: juka | 2009年2月 1日 (日) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【講演決定】『すべての経済はバブルに通じる』小幡績教授 | トップページ | Love Cafaire »