« 『The Tipping Point 急に売れ始めるにはワケがある』 | トップページ | ◇◆韓国コスメ◆◇   »

2010年5月11日 (火)

『blink 第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』

マルコム・グラッドウェルの
『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』(原題: blink - The Power of Thinking Without Thinking)
を読み終えましたtulip


人間の直感はどこまで確かなものなのか?
人間の意思決定はどんなものに惑わされてしまうのか?

・・・そういった疑問の答えがほしくて読みました。


本書によると、 「輪切り」の力 を使うことで、 ちょっとの情報で本質をつかむ ことは可能だそうです。


1番興味深かったのは、「夫婦の会話を3分みるだけで15年後に離婚するカップルを当てることができる」という実験。

一見すると穏やかに話をしている夫婦でも、

その会話の様子から 「敵対的な感情」 (具体的には 「防衛、はぐらかし、批判、軽蔑」 の感情)

を読み取ることができるならその夫婦は離婚する確立が高いというもの。


会話を通して、その人の抱いている感情が「好意的」なのか「敵対的」なのかを知る・・・ということ自分自身が昔から敏感なので、この実験はすごく納得できるものでした。

ちょっとしたコツを身に着けることで、雰囲気に惑わされずに本質を掴むことは可能だと思う。


この本は同時に、「直感」という「瞬時」に「無意識」で行われる判断には第一印象のワナや偏見が潜んでいる危険性を指摘しています。

その人の「主観」が「客観的事実」をゆがめてしまう可能性。

これも、日々の生活で意識していくことによって、自分自身の瞬時の判断力を高めていくしかないように思いました。

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)

買ったきっかけ:
人の意思決定のプロセスに興味があったから。

感想:
自分自身がどういう情報を受け取り、どういうファクターで意思決定を行っているのかを意識したいなぁと思いました。
自分自身が他者へどういう印象を与えたいのかを意識するのにも役立つと思う。

おすすめポイント:
具体例が豊富。だけどテーマが一貫しているのですぐ読める!

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)

著者:M・グラッドウェル

第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)

|
|

« 『The Tipping Point 急に売れ始めるにはワケがある』 | トップページ | ◇◆韓国コスメ◆◇   »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ゆか、風邪におかされてるようだね。
大丈夫かな?

本いっぱい買ったってこの本たちなのねv
すごく興味深いです!!私も読みたいな♪
MY GOALは読んだ??
今度読書会開きたいね(笑
ってか私がゆかの読んだ内容の要約を聞きたいだけ
なんだけどね・・・^^;

投稿: 春藤 麻衣 | 2010年5月13日 (木) 14時56分

まいー!

コメントどうもありがとうー^^

風邪はだんだんよくはなってるんだけど、
まだノド痛いょー><
早く話せるようになりたい!!

興味ある!?
今会社の先輩に貸してるから今度もってくね☆

MY GOALはまだ進んでないんだ~。
あれもちゃんとよまなね!

読書会!!おもしろそう!!
またまいんちにアイスもって遊びにいくよー♪

投稿: ゆか | 2010年5月14日 (金) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150050/34641606

この記事へのトラックバック一覧です: 『blink 第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』:

« 『The Tipping Point 急に売れ始めるにはワケがある』 | トップページ | ◇◆韓国コスメ◆◇   »