« 信頼関係 | トップページ | 冷静に読書:「愛」と「執着」のちがい »

2010年5月 5日 (水)

人の心を占領する方法 ・ 未来について

昨日は友達のゲストハウスでワインを一本と、とろりんちょの梅酒をバニラアイスにかけて、いっぱいおしゃべりして、気づいたら寝てましたsleepyどうやってコンタクトのケアしたか記憶にない笑

この数日間、食べ物が目の前にあっても体が受け付けなくて、気づいたら服が大きくなるくらいやせてた笑 食欲がなくなると、体温も下がって寒くなるし、やっぱり不健康ですshock

今まで客観的になろうとしても、感情の方が溢れてきちゃって全然冷静になれなかったんだけど、書くことを通じて客観的にみれたらと思うので書いてみますpencil

要は何があったかというと、出会いがあり、別れがあったわけです。

いきなり現れて、気づいたら心を占領されてて、一生一緒にいるとか守るとか言われて、素直に信じちゃって、なのに勝手に去っていかはったのです。

一緒に住もう、とかって毎日いわれて、具体的な物件の話とか、インテリアの話とか、みそしるの具の話までしてたら、そりゃ誰だって実現すると思うでしょ!?

心を占領される、なんてめったにない経験・・・だし、そんな経験をすることになるなんて予想してなかったので、なんでそんなことになっちゃったのか分析してみようと思いますpig

1.相手を肯定する。

まず、うちの存在すべてを全肯定されてた。

うちの話す内容、今までの経験、これからやりたいこと、その時々の状況、話し方、声、表情(特に笑顔)、髪型、着てる服、書く文章、絵がうまいこと、幸せそうに食べること・・・などなど、なにからなにまでうちがうちであることに毎回感動して喜んではってん!心から幸せそうに。うれしそーにそのことを言葉と態度で伝えてくれた。

打算とか計算とかじゃなくて、本気でそう感じてはるのが伝わってきて、そうやってうちのこと丸ごと肯定してくれるのが嬉しかったし、もっといい自分になって、もっと喜んでもらいたかった。

うちもその人のなにもかもを気づいたら好きになってた!

2.未来を共有する

あと、彼は自分のしたいことがいーっぱいあって、夢がいーっぱいあって、その話を毎日嬉しそうに話してくれてた。

それは週末にすぐ実現することもあれば、数ヶ月先の未来とか、何十年先の未来とか、いつ実現するかわかんない話もあった。

その夢には、うちもたくさん登場するわけです笑 

一緒に、って。

うちは基本的に、想い続けることで夢はいつか叶えられると思ってるので、よっぽどそれはムリだなってもの以外は全部実現すると思ってた。

3.いっつも楽しい

一緒にいたら、いっつも楽しかった!

電話で声が聞けるだけで幸せで、夜寝ないで彼の仕事がおわらはってから電話がくるの待ってた。

休みは一緒にいられるだけ一緒にいた。

そんなけ一緒にいても、その日の夜にすぐ会いたくなるような人って初めてだった。

楽しい状況をつくりだす、のがうまい人やった。

彼自身が人生を常に楽しもうとしてはったし、だからこそ周りを巻き込んでおもしろいことを次々実現させちゃう感じ。

うちも楽しいことは好きやけど、節約とか現実的なこと考えちゃうし、そこまで楽しむことできてなかった。

彼のそういう姿勢が好きやったし、自分もそういう風になりたいなって今でも思う。

・・・もっといろいろあるんやろうけど、こんな感じでどんどん気持ちを占領されていったのでしたhorse

で、改めて思うのは・・・

うち、わるくないやん!!!

です笑

もう、これはしゃーない。

彼もバカだけど、うちもバカだ。

そんなわけで、彼と一緒の未来がうちにとっての未来になってしまって、それがぷっつりなんの疑いもないときに断たれてしまったので、取り乱れまくってしまったのでした。

うちの未来はうちのものだ!

自分の未来を自分でつくっていかなきゃいけないんだなーって思う。

イイ女にならなきゃいけない。

彼と出会ってから、以前よりキレイになったと自分でも思う。

でも、もっともっとだ!

|
|

« 信頼関係 | トップページ | 冷静に読書:「愛」と「執着」のちがい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信頼関係 | トップページ | 冷静に読書:「愛」と「執着」のちがい »