« 2010年夏 2ヶ月間に渡るLAでのMBA式ビジネスセミナー CVS Leadership Institute | トップページ | 人の心を占領する方法 ・ 未来について »

2010年5月 4日 (火)

信頼関係

京都に帰省してて、今日横浜に戻ろうと思います。

GW初日に辛すぎることがあって、胸が潰れて痛いっていうのを経験した。
朝も昼も夜も泣いてるってくらい世界が真っ暗で苦しかった。
・・・病んでた!!!

今もちっとも大丈夫ではないのに、こうやって朝がやってくる。

人が人を信じる基準ってなんだろ?
人を裏切っても、心が痛まないものなのかな?

信じきっちゃって、信頼していた人に裏切られることほど酷いことってないと思う。

信じ込ませた責任っていうのがあると思うんだ。

なんでこんなにうちはバカなのかな!?

うちだって、そんなに簡単に人を信じたりしないつもりだけど、疑う余地がひとつもなくて、すっかり安心してた。

向こうだって裏切りたかったわけじゃないんだと思う。

でも結果としてはそうなってしまった。

こんなことが起こるなんて!?

相手がどれだけその瞬間瞬間に心を込めて話してたとしても、実現する前に崩れ去ってしまうことってあるのかってただただびっくり。

だから世の中には書面があって契約があるんやんね。

口約束は、口約束なんだ。。。

問題は、どうやって誠意をみせるかだと思う。

お互いの信頼関係があって、それを壊して、相手を深く傷つけたってことに対して・・・。

特に、相手の方からうちの信頼を求めてきたのだから、なおさら・・・。

相手が苦しんでるっていうのに、姿を消してしまうのは1番残酷。

一対一で話す機会を設けるとか、とりあえず相手の気持ちをとことん聞くとか、相手の気持ちを考えてほしい。

それか、いっそとことん悪者として嫌われ役になってほしい。

人が1番苦しいのは、1人の人に対して愛情と絶望っていう相反する感情を抱いたときだと思うから。

客観的、にみることができたなら、とんだバカな笑い話なんだろうな。

でもすべてが現実として存在していたから、思い出が多すぎて、心が傷ついてしまって冷静になれない。

どうやったら感情を消せるんだろう。

最悪なのは、こんな風になっても、相手への希望を捨てきれないことだ。

開き直って信じて待ってたくなる。

忘れるより、傷ついたままでいたくなる。

実際、その人が与えてくれたものは暖かくて尊かった。

毎日支えてくれて、毎日未来の話をした。

どこをどう疑えばよかったんだろう!?

ずっと好きでいたい人を、嫌いになる必要があるのって、それも辛い。

結論としては、辛い!苦しい!になっちゃう!!

人を救おうとする人は、その前にまず人を傷つけないようにしてほしい。

どうしても避けられないことなら、ちゃんと事前に心の準備をさせて、そして相手が立ち直るまで誠意をみせてほしい。

無邪気な人ほど残酷だったりする。

目の前にみえてた希望が、一気に消えてしまうのって、こんなに辛いことってあるかな!?

・・・朝っぱらからこんなに沈み込んでる場合じゃないやんね。

毎日楽しく生きていきたい、って願うことはそれだけやのになぁ!!

苦しい!!!!

|
|

« 2010年夏 2ヶ月間に渡るLAでのMBA式ビジネスセミナー CVS Leadership Institute | トップページ | 人の心を占領する方法 ・ 未来について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150050/34512361

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼関係:

« 2010年夏 2ヶ月間に渡るLAでのMBA式ビジネスセミナー CVS Leadership Institute | トップページ | 人の心を占領する方法 ・ 未来について »