« 東京のアトピー外来に通うことに。 | トップページ | 『中国人から儲ける本 爆買いする年間100万人の観光客&商用客をつかめ!』 »

2010年7月17日 (土)

『リクルート「創刊男」の大ヒット発想術』

リクルートでの20年間に14のメディアをうみださはった「創刊男」くらたまなぶさんの本。

heart右手にロマン

spade左手にソロバン

sun心にジョーダン

この3語に尽きる!!のではないでしょうか。


会社の新規事業について語ってる本、ともいえるんだけど、

cute プレゼン=彼氏を両親に結婚する女性

cute 「感情移入」、そして 「恐山のイタコ」 へ

cute インタビューは「好きな人」⇒「嫌いな人」⇒「普通の人」の順番

なんだか強烈でおもしろい表現のオンパレード。

あと、ブレストについて、ここまで熱く何ページも語った本もそうないんじゃないかと。


経験に基づいて、腹おちさせて、噛み砕いた表現がたくさんあって、

実際に新しいものを世の中へ産み出すためにどんどん活かしていけそう。

たとえばこんな感じ。

libra 「夢」「誰」「何」「カタチ」の順番に商品を形にしていく

libra 市場調査・・・昨日までの「人の行動」を数字で知ること

      マーケット調査・・・明日からの「人の気持ち」を言葉で知ること
         
      マーケット調査は、自分でやる!!

libra 起業へのモチベーションは、「グチ」(怒り)と「夢」(希望)


特に「とらばーゆ」の創刊ストーリーに感動した。

女性の仕事が限られていた時代に、扉を開いていった存在だったんだ。


冒頭のロマン、ソロバン、ジョーダンは、何度も繰り返しでてきます。

ロマン   理念 夢 なんでやるの?

ソロバン  収益 金 いくら儲かるの?

ジョーダン 意欲 愛 君がやるの?

この3つは、新規事業・起業のときだけじゃなくて、プレゼンや面接にだって大切なものだと思う。

たとえば、VISION・PASSION・PLANっていいかえれるんじゃないかと思う。


リクルートの先輩に借りた本だったんだけど、自分でも買おうかな。

その先輩は、全国で営業1位を達成しはった方shine

むっちゃお世話になってます。

その先輩の話をきいていると、リクルートへのイメージが鰻昇りによくなっていってます(笑)


リクルート「創刊男」の大ヒット発想術 (日経ビジネス人文庫)


買ったきっかけ:
先輩に借してもらった!

感想:
内容ぎっしり、熱い語り口調。楽しみながら、勉強になった。

おすすめポイント:
好き嫌いはわかれるかもしれない!


リクルート「創刊男」の大ヒット発想術 (日経ビジネス人文庫)


著者:くらた まなぶ




リクルート「創刊男」の大ヒット発想術 (日経ビジネス人文庫)

|
|

« 東京のアトピー外来に通うことに。 | トップページ | 『中国人から儲ける本 爆買いする年間100万人の観光客&商用客をつかめ!』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150050/35781757

この記事へのトラックバック一覧です: 『リクルート「創刊男」の大ヒット発想術』:

« 東京のアトピー外来に通うことに。 | トップページ | 『中国人から儲ける本 爆買いする年間100万人の観光客&商用客をつかめ!』 »