カテゴリー「中国・中国語」の3件の記事

2009年7月17日 (金)

来年の春から、と今年の夏

こんにちは☆

半年間つづいた就活がやっと終わって落ち着いたので報告します。

就活は想像していた100倍しんどかったです。1,2,3年と先輩の就活してはるのを側でみていたつもりやったのに!

なんでこんな大変やったのかというと、自分自身の目標がまったくみえなくなったからだと思います。自分が本当にやりたいわけではないなと感じながらES、筆記、面接・・・といった就活を続けないといけないのは

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009年4月19日 (日)

Ich will in Shanghai arbeiten!

4月のはじめに、アルバイトとCVSと就活と体調不良が重なって、すっかりエネルギーが切れてしまいました。
自己PRとか、志望動機とか、が書けない!

 

そこで再熱してしまったのが、上海熱impact

1年間上海から気持ちも時間も遠ざかっていったけど、

やっぱり上海が好き!

やっぱり中国語が好き!

上海の、エネルギーが好き!

上海の、人が好き!

あ~~~上海にいきたい~~~~

上海で、ホテリアーになりたい…shine

 

あとね、ヨーロッパにも行きたい!

もう1度ドイツ語圏にすみたいxmas

家族でのんびり過ごしてたスイスの時間を最近思い出す。

ドイツ語圏でオペアがやりたいなgemini

 

経済危機の深刻さとか、うちはまだ頭でしか理解できていないんだと思う。

就活から逃げてるんじゃないか?って聞かれたら、否定できないと思う。

 

ただ、今まで「生き残っていけるようになる!」みたいなことに重きをおいてた仕事観・就活観が崩れ去っていってしまって、気持ちがグルグルしてる。

バリバリ働いて1人でも生きていけるようになりたい!って思ってたけど、「1人で生きていこう」とする必要はそもそもないんじゃないかな、ってことを感じてしまいましたclover

あと、あんまり早くから「安定」を求めなくても生きていけるってことも感じる。

もちろん仕事は一生懸命やるんだけど、「モチベーション」を適切なところにもっていないと、またエネルギー切れを起こしてしまう気がすごくする。

 

1年後のことやから、まだ時間はあるな~って思う。

時間ないっちゃないねんけど、でも、こればっかりは時間をかけなわからへんよな~って。

| | コメント (6)
|

2009年1月25日 (日)

金融危機について、広州・香港のリトルアフリカについて

こんばんはdog

今日はひさしぶりにCVSのSunday Programという勉強会にいってきましたup

第1部はVISIONについてのハーバードビジネスレビューについて読んでディスカッション、第2部はBOCOさんによる過去・現在・未来という視点から金融危機を読み解く講座でした。

めっちゃくちゃおもしろかったです!!!!特に、サブプライムローンにはじまった金融危機の根深さについては衝撃的でした・・・無知って恐ろしいです。今のような時代だからこそ、CHANCEも多い!という考え方でわたしも前向きにいきたいです!

社会人の先輩たちとお話できて、やっぱり自分のVISIONをできる限り明確にして、リサーチして、VISIONを修正して・・・という作業をやらないといけない、と反省しました><




さて、表題のリトルアフリカについてです。

現在「多文化共生」について研究しているのですが、そのゼミのメンバーが来月上旬に広州・香港へ現地調査へ旅立ちます!当初は南アフリカに行く予定だったのですが、さすがに遠い!ということで、だいぶ近くになりました。わたしは就活なので日本でお留守番です。

広州や香港にリトルアフリカと呼ばれるような、アフリカ人が出現していることをきいたことってありますか?今回のゼミ旅行の目的は、なんと、そのアフリカ人滞在者への直接インタビューなのです!

日経ビジネスのこちらの記事(「不法滞在のアフリカ系黒人に“占領”される中国・広州市」)によると、広州に滞在するアフリカ人の不法滞在者は20~30万人ほどで、2010年には50万人に達するだろうといわれているそうです・・・!広州だけで・・・!

遠いアフリカから、お隣の中国まで、こんなにたくさんのアフリカ人滞在者がいたなんて・・・びっくりしました。中国は資源を多くもつアフリカとの友好を深めていて、取り締まりも強化しにくいそうです。今、日本はビザの取得が厳しく、不法滞在者への取り締まりも厳しいですが、今後どのようになるかわかりません。日本でも全然他人事じゃないです。

朝日新聞のこちらの記事(「出稼ぎ、集う商人 広州のアフリカ人」)でも、リトルアフリカのことは紹介されています。こちらは最後の一言に希望が感じられます。

もし、なにかそのリトルアフリカのアフリカ出身の人々に聞きたいことや質問があれば教えてくださいsun実際に聞いてきてもらえると思いますchick

| | コメント (0)
|